ちば歩こう会Top

 ちば歩こう会の歴史 
 ちば歩こう会の概要
 ちば歩こう会の紹介  
 ちば歩こう会の取組 
 ちば歩こう会の定款 

 会報 あるきめです

 行事予定(年間)

 行事予定(詳細)
 例会・楽々W実施報告
 イヤーラウンドを歩こう 
 Walkingで俳句 
 楽々俳句会 
 パソコン教室   
 一言集(理事のつぶやき) 

 全国のWalking行事

 Walkingの知識

 リンク集

 みんなの声・掲示板

          ち ば 歩 こ う 会 の 活 動 報 告

 このページの画像はデイリーサポートの行木秀明さん、ならびに担当理事のサポートで構成しております。

   このページの画像をクリックして、大きな画像を右クリック、「名前を付けて画像を保存」でパソコン・スマホ、携帯に保存できます。
    試してみてください。

平成30年 第183回 平日楽々ウオーク報告 8月29日(木) 

           ユーカリが丘の緑陰道を歩く 担当:三枝 勝雄 10Km

 集合場所:ユーカリが丘駅北口ひまわり広場 8時30分

 解散場所:ユーカリが丘南公園 11時15分

今年は暑さが厳しく8月のウオークが心配されました。直近の天気予報では台風の影響で雨の心配もありましたが、当日の朝は晴れて幸いでした。

出発式時、宮の杜公園にて一次解散をする件を承諾していただき、8時50分ひまわり広場を出発。ひまわり広場からユーカリが丘南公園までの街路樹がきれいに選定されており、日影が少なくなり残念でした。

9時35分に宮の杜公園到着。トイレ休憩後、IVVを配布し出発。一次解散された参加者は約20名ほどでした。その後、優都苑、井野西谷津公園を通り11時15分無事にユーカリが丘南公園に到着いたしました。 予報では最高気温が33度との報道でしたが、ゴールのユーカリが丘南公園では36.3度でした。

当日の天候は晴れ時々曇りでしたが、8月のウオークは危険と隣り合わせです。皆様のお近くで夏に適したコースがございましたら役員に教えていただけると大変助かります。

猛暑のなか大勢の皆様にご参加頂きましてありがとうございました。

参加人数:147名(ちば歩110名、その他37名)




                         Back  

イヤーラウンドの継続

                    イヤーラウンド担当 大岩成徳

イヤーラウンドは2005年(平成18年)10月好日山荘を基地としてスタートし、移転に伴い2012年(平成24年)1月千葉三越に替わりました。三越の撤退により、2017年(平成30年)1月より現在の㈱ときわスポーツ千葉店に替わりました。当初3コース(B・Cコース)で始まり、2014年(平成26年)7月新たに3コース(DE・Fコース)を追加しました。2013年から半年毎実績(1~6月)は次の如くです。

3コースを追加した効果は、2014年と2015年を比較すると156回(月平均26回)増えている。又参加者も66名(月平均11名)増えている。月一イヤーラウンド(詳細は8月号参照)は、2013年6月より開始している。2013年と2014年を比較すると143回(月平均24回)の効果がみられる。又参加者も97名(月平均16名)増となっている。これから見ると寄与率は判然としないが、参加者の増には月一イヤーラウンドの方が効果がある様に見られる。

 一方県外他歩・関東圏外他歩の参加者が少しずつ増えてきており、これは2017年より1年間にステーションの異なる30コースを踏破したウオーカーを表彰する制度が出来た事に寄ると考えられる。

 今年について要因ははっきりしないが、前年に比べ参加者が73名(月平均12名)減り、回数89回(月平均15回)減となっている。 今後会員(特に新入会員)をイヤーラウンドにどの様にして巻き込んでいくか大きな課題となっている。この対策として、会全体として取り組む方策として常任理事が担当コースを持ち月一イヤーラウンドを実施する事となりました。本年9月より始め、来年より本格的に実施する事になりました。

参加者の忌憚のない意見も取り入れながら進めて行きたいと思って居ります。

 スペースの関係上、一部データを割愛しました。  



                         Back  

平成30年 例会報告 7月8日(日)  第6回東京文学散歩(日本橋・浜町)                                        担当: 丹羽 豊隆 10Km

 集合場所:清澄公園(半蔵門線「清澄白河駅」)
 解散場所:皇居大手門前広場

今年は梅雨明けが早く、真夏日の文学散歩となった。まず、「奥の細道」の出発点となった深川芭蕉庵跡を訪問。芭蕉の銅像が眺める隅田川の川風が柔らかく快い。隅田川に掛かる新大橋では疾走するモーターボートや水上バスの光景を楽しみ、対岸の日本橋浜町に進む。甘酒横丁では、ひやし甘酒を飲み、人形町の人形焼きを土産に買う。親子丼の<玉ひで>に並ぶ客を見ながら、文豪谷崎の生誕の地を訪ねた。芦屋市には潤一郎記念館があるようだが、ここでは簡単な案内プレートが見られるだけ。其角、漱石、夢二の石碑を見た後、日本橋、京橋、鍜治橋の交差点を進み、見覚えのある二重橋を遠望し、最後はゴールの皇居東御苑に。熱中症の方も出ず、無事完了いたしました。お暑い中、お疲れさまでした。

6回完歩された方は58名(ちば歩会員55名)おられ、記念品を贈呈しました。

参加人数:185名(ちば歩114名、その他71名)

東京文学散歩は、東京の町を歩きたいという会員の声をもとにして5年前にスタートし、以下の6地区(東京都区の東側)を訪れました。

①馬込文士村、②根津・千駄木、③本郷・小石川④浅草・三ノ輪、⑤谷中・田端、⑥日本橋・浜町

5年間の総参加者数は1333名、平均220名を超える多数の参加をいただきました。企画者として深く御礼申し上げます。

<東京文学散歩>のネーミングは、明治42年福岡生まれの文芸評論家、野田宇太郎の著作(昭和52年から54年に発刊、地区別に8巻で構成)から借用しました。  




                        Back  

平成30年 第182回 平日楽々ウオーク報告 6月28日(木)

           「昭和の森の花を楽しむ」 担当:安保 壽 11Km/9Km

集合場所もみじ公園(JR土気駅 徒歩5分) 9時00分

解散場所しいのき公園(JR土気駅 徒歩5分)

      ①ノーマルコース11Km 13時00分解散

    ②ショートコース  Km 12時00分解散   


4~5日前より梅雨明け模様(?)により猛暑日が続いたため、熱中症対策として急遽ショートコース(午前中にゴール)を併設し、参加者の選択制とした。(平日楽々の表彰は出発式で実施)

幸い当日の気温は30度近くまで上がりましたが、午前中は曇り空で風もあり、比較的歩きやすい日和で、ノーマルコースに76名(全体の60%)、ショートコース51名(40%)の方が参加し無事完歩されました。

テーマの花観賞は、花菖蒲は終わっていましたが、下タ田池のスイレンは満開でした。アジサイ園では3000株のガクアジサイ、セイヨウアジサイが観賞できました。展望台では九十九里平野が一望できました。この展望台は標高101mで千葉市内で一番高いそうです。千葉市内は平坦であることがわかります。

今回歩いた昭和の森公園は105haの広さで日本の都市公園100選に選ばれた県下で有数の公園です。この公園内を南側の端から北側の端まで色々な樹木、草花を観賞しながら縦断しました。

心配しました熱中症にかかった方はおられず、無事終了できたことに感謝します。これから本格的な暑さが続きましので、皆さまご自愛ください。

参加人員;127名(ちば歩102)

 

                         Back  
                            


平成30年 例会報告 6月23日(土)  紫陽花観賞ウオーク「古代遺跡と紫陽花」                                   担当: 加藤 芳行  11Km

集合場所上総更級公園   9時00分
解散場所上総更級公園 1245分

テーマ設定時の紫陽花が、下見時の紫陽花より少なくご迷惑をおかけしました。梅雨の最中で今にも雨が降り出しそうな中出発した。肝心の紫陽花は3km続く公園の所々とか道路脇に見られた。

国分寺公園でトイレ休憩の後、依頼しておいた観光ボランティアガイドと合流し、最初の遺跡の稲荷台古墳記念広場を見学した。この古墳が日本最古の銘文入り鉄剣が発見されたこと。また、近くには更級日記の著者が住んでいた館とか、付近の様子が説明された。 国分寺中央公園で昼食後、五号神戸(ごうど)古墳を見学した。雨が降り始めてきたが、ガイドは古墳の上にあがり、参加者は半端ない説明に聞き入っていた。案内の終わりころには、本降りになってきたため、ゴールに向かった。上総更級公園の東屋でIVVを渡し、流れ解散をした。雨のなか、たくさんのウオーカー、役員のみなさん、事故もなく有り難うございました。

(ご参考)625日に発行されたばかりの書籍に「新発見千葉」(歩きたくなる故郷20の物語)紹介されています。

参加人員 ;135名(ちば歩112名、その他23名)


                         Back  
                            
 

平成30年 第181回 平日楽々ウオーク報告 5月24日(木) 

     「モノレール周辺を歩く」  担当:佐藤芳雄 12Km

集合場所通町公園(JR千葉駅)  9時00分

解散場所集合場所と同じ      13時3


歩行距離 :12Km

行事日の日前まで雨の予想でしたが早朝、雨が上がり、当日は曇りより晴れとなり穏やかなウオーキング日和となった。通町公園を定刻に出発。15分ほどで千葉公園に到着、綿打池の周辺を周り、大賀ハスが見られる蓮華亭を通った、大賀ハスの開花にはまだ1週間ぐらい早いそうだ。千葉公園より稲毛区役所のそばの穴川コミニュテイセンターまでモノレールの作草部、天台の駅近くを歩行した。穴川コミセンで休憩を取り出発、11:30にスポーツセンターに到着。早めの昼食とした。  楽々表彰式を終え、午後はスポーツセンターより動物公園、みつわ台の駅経由でモノレールの線路下を歩行した、新緑と頭上を走る電車の景観が素晴らしい、少し早くゴールの美しの森公園に13:10に到着し、参加された皆様のお陰で、無事ゴールできました。ご協力ありがとうございました。

参加人員 :131名(ちば歩112名)



                         Back  
                            

平成30年 特別例会報告 5月13(日)

      皆でイヤーラウンドを歩こう   (※Cリーグ) 担当: 大岩 成徳  10/16Km

集合場所 :通町公園(JR千葉駅 徒歩10分)

解散場所 :集合場所と同じ

イヤーラウンドコースとDコー スをベースにして、通町公園を中心にして実施した。

16Km時に出発式を行い、スタートした。石橋記念公園まで団体歩行、その後地図を身ながらの自由歩行とした。途中都市緑化植物園では、幸にしてバラ展の最終日に当たり多くの種類のバラを楽しむ事が出来た。自由歩行区間に名の誘導員を立ってもらいましたが、その場所を通ったウオーカーは多くなかったと聞いています。  16Kmコースに続き、10Kmは10時に出発式を行った後スタートした。穴川コミニティーセンターまでは団体歩行、その後自由歩行とした。団体歩行区間は、道路が狭く歩道が少なく大勢で歩くのは不向きと感じた。コミニティーセンターに着いた後、昼食を取る人、直ぐに自由歩行に向かう人と様々でした。小園公園では、つつじ、さつき、チューリップ、バラなど初夏の花々を楽しむ事が出来た。全員時過ぎに雨に降られずにゴール出来た事は幸いでした。

団体歩行での横断時の安全誘導、自由歩行区間で誘導を担当された役員及びゴール対応の役員、ウオーカーの皆様、

無事に終了出来た事を感謝申し上げます。

参加人員:183名(10Km83名、16Km100名)


                         Back                       


平成30年 第180回 平日楽々ウオーク報告「海浜幕張の花を愛でる」 
           4月26日(木) 担当 立川 冨佐子
  10Km

 集 合 ;真砂中央公園 (京葉線新検見川駅 徒歩分)  9時30分
 解 散 ;幕張海浜公園花時計京葉線海浜幕張駅 徒歩7分) 13時35分

今年は花の便りが例年よりも10日程早く桜も、あっとゆう間に終わりました。町を歩いて居ると藤の花や ハナミズキ、ネモフィラ等沢山の花が見ることができ、春が足早にすぎて行くのを感じました。

海浜幕張の街なみの木々も見事に花を付けている頃なのに、今年は緑が多くて、花のジュウタンも前日の雨に洗われ、まぶしいような新緑で空気がうまいと感じるウオーキング日和となりました。 見浜園の日本庭園は松の木や、池に掛かかる橋の風情が、とても素晴らしく、見学出来て、良かったです。

気温25度湿度35パーセントの爽やかな風に吹かれ気持ちの良いウオーキングでした。

参加して下さった、皆さん、役員の皆さん ありがとうございました。

参加人員:251名(ちば歩102名)



                                     Back


平成30年 特別例会報告 第21回千葉の水回廊&疏水百選印旛沼ウオーク  (Cリーグ) 
             4月7日(土) 
担当:田口 康光 32/23/11Km

 集 合 :32Km:京成酒々井駅西口、23KmJR佐倉駅北口、11Km:新検見川公園.
 解 散 :大和田排水機場    1550

月に入り冷え込み厳しかった冬が足早に去り、急に春めいたかと思ったら中旬には桜が芽吹き始め20日過ぎにはあちこちで開花宣言がなされ、下旬には一気に満開となり、4月に入ったら葉桜となってしまいました。初夏を思わせる天気が続きましたが、日当日は天気は曇りで雨の心配はなかったですが北風が冷たい一日となりました。 ゴールを3年前の水資源機構大和田排水機場に戻し、32Kmの出発地、京成酒々井駅西口には早歩きの猛者連中が顔をそろえ、23Kmの出発地、JR佐倉駅北口にはちば歩の会員が多く参加しておりました。11Kmの出発地、新検見川公園では後援団体の美しい田園21の若いメンバーが華やかに集まり賑やかな出発風景となりました。

佐倉ふるさと広場のチューリップが見ごろを迎え、花見川沿いは気の早いハナミズキが咲き始め、参加者の目を和ませてくれたことと思います。冷たい強風の中、皆さん参加いただきありがとうございました。来年もまた参加ください。

後援していただいた各団体の関係者の皆さんに感謝申し上げます。

参加人員 ;160




                                      Back


平成30年 第179回 平日楽々ウオーク報告 3月22日(木) 
     「早春の茂原を歩く」 担当:田口 康光 11Km

 集 合:高師中央公園 (JR外房線茂原駅 徒歩10分)  10時00分

 解 散:千代田公園(JR外房線茂原駅 徒歩15分) 14時30分

都内で桜の開花宣言があった数日後の平日楽々ウオークでしたが週明けよりぐずついた天候が続き、前日の氷雨で水たまりが残りかつ曇り空で冷たい風の中スタートしました。

町中を抜け茂原公園に到着、桜は数輪の開花でしたが夜桜客を目当てか露店が10店ほど準備中、池の周りの柳の新芽が目に鮮やかに写りました。 藻原寺は日蓮聖人がお題目初唱をした霊場として知られ、日蓮宗の中で最も古い歴史を持つ寺の一つだそうで、ここで参詣を兼ね一休みしました。11時に茂原市立美術館前の広場でかなり早めの昼食休憩です。

食事後は水を引き田植えの準備が始まった田んぼ脇の直線のあぜ道(明治42年に開通した人車軌道跡)を歩き妙楽寺に到着、あたりは長閑な田園風景で鶯のさえずりや水仙、コブシ、モクレンと山門横の満開の桜が出迎えてくれ、ここで徳富蘆花の「梅一輪」の主人公お馨さんの墓に詣でました。途中でトイレ休憩をはさみ薄日が差し気温も上がり、心地よい風も吹きだした一宮川の土手を4km歩きゴールに到着しました。

天候も芳しくない中参加の皆さんの協力により無事終了できましたこと感謝いたします。

参加人員 ;94名


                                       
                                     Back



平成30年 特別例会報告 3月10日(日) 晴れ
      第17回防災ウオーク (Cリーグ)  担当: 安保  11Km/20Km

 集 合;ノーマルコース…若葉区役所、11Km、団体歩行

     ロングコース…幕張台公園、20Km、自由歩行

 解 散;モノレール千城台駅(ラパーク前広場)

2011年の東日本大震災から7年が経ちましたが、今も7万3千人が避難生活を送っておられる厳しい現実に思いをこめて、今年は若葉区で防災ウオークを実施しました。

(1)ノーマルコースは若葉区役所を出発し、若葉いきいきプラザで昼食後、若葉消防署の協力で心肺蘇生法、AED講習と起震車による地震体験を行いました。

地震体験では東日本地震と同じ震度7を体験し、皆さん恐怖を感じておられました。

体験の感想を次の2名の方より頂きました。

Hさん(70歳代、男性)消防署の敷地内での救急救命は4ケ所で行われ、実際に体験できた人が多かったです。また起震車による震度7の貴重な体験ができました。ありがとうございました。  

Oさん(70歳代、女性)起震車の震度7には驚きました。テーブルが固定されていましたが、掴まる物がなければ倒れて怪我するのではないかと思いました。貴重な体験をさせていただきました。

(2)ロングコースは、災害により交通機関がマヒして帰れなくなった場合に歩いて帰宅することを想定したウオークです。「災害時帰宅支援ステーション」としてコンビニ、ガソリンスタンド等にステッカーが貼られています。これを活用し帰宅する方法もあります。

ゴールでは「道に迷った」という方がおられましたが、よく出かける場所は帰宅コースを頭に入れておくことが大切かと思います。これを機に少しでも防災意識を高めていただければ幸甚です。今回は大きな事故もなく無事に予定通りに終わることが出来ました。皆さまのご協力に感謝します。

参加人員;178名(ノーマル93人、ロング85人)



                                       Back


平成30年 例会報告 2月24日(日) 晴れ

                 第8回 NPO法人ちば歩こう会 総会ウォーク 担当:小野安英 11Km

 集 合:今井公園(内房線蘇我駅 徒歩3分)13時00分
 解 散:葭川公園(モノレール葭川駅前)  16時30


コース概要:今井公園→石橋記念公園→松が丘いきいきプラザ→千葉緑化植物園→青葉の森公園→葭川公園

総会ウォークは、出発時刻と場所もほぼ決まっていて、距離も11Km強、コースもそう選択の余地が少ないので、その意味ではチーフとして苦労しました。大きな車道に付随した歩道を歩いてもつまらないので、何度も試行錯誤の末に決めたコースでしたが、道が狭いとか、坂が多いとかご意見も賜りましたが、初めて歩いたと言って頂けて、千葉市内でそう言って頂くのは、幹事としては嬉しいお言葉です。 当日は、珍しく月の陽気で、最高のウォーク日和でした。幹事として心残りは、今満開の青葉の森公園の梅林の下での観賞時間は取るべきであった事です。申し訳ございません。

トイレ以外休憩時間もなく歩いて頂き、お疲れ様でした。全員無事ゴールして頂き感謝致します。

参加者118

 総会編

ウオーク編


                                        Back


平成30年 178回 平日楽々ウオーク報告 2月15日(木) 晴れ

      「加曾利貝塚巡り」 担当:小野剛生 11Km 


 集 合;美しの森公園(JR総武本線都賀駅 徒歩分) 00
 解 散;都賀東公園(JR総武本線都賀駅 徒歩分) 1420


加曽利貝塚は、日本最大の貝塚で昨年10月特別史跡に指定されたのを機会に、ウオーク中に1時間半の施設見学を行った。8名のボランティアガイドの協力を得て班別に巡回し、ボードを使っての詳しい説明を聞いた。貝層の断層施設、竪穴式の住居跡やE式土器や人骨迄が出土しているのに驚いた。また、貝塚の周囲が当時の景観を体験出来て縄文時代の遺跡を大いに楽しむことができた。ボランティアガイドさんの懇切丁寧な説明に感謝申し上げたい。今回のコースは10年前に行ったコースと同じ集合場所を予定したが、周辺にトイレが無く止む無く周辺の貝塚巡りを断念し、加曾利貝塚見学をメインにした。天候に恵まれたので200名の参加を見込んだが、総勢136名、内ちば歩108名の参加数でした。行事は予定通り無事終えることが出来ました。皆さんのご協力に感謝いたします。

参加人員;136



                                 Back


平成30年 例会報告 2月4日(日) 晴れ

      千葉歴史探訪ウオークIN市原  担当: 日向安昭  12Km 

 集 合;上総更級公園 (JR内房線五井駅 徒歩分) 30
 解 散;八幡公園(JR内房線 八幡宿駅 徒歩分) 1530

上総国分寺は、過去の例会で歩いたコースなので、参加者の具合を心配していましたが、ちば歩やなりたWC,他協会、一般の方々の多数参加をいただきありがとうございました。今回歴史探訪ということでお昼の時間に合わせて国分尼寺の展示館に時間をかけた結果、ゴールの時間が時間近く遅れてしまい申し訳ありませんでした。戸隠神社は上総で総社神社(いろいろの神様を祀っている)としては一番大きい神社です。府中日吉神社はこの地域の鎮守として平安時代からの古い神社です。能満城跡は戦国時代の城跡です。釈蔵院は室町時代から千葉氏にも慕われていたお寺(ボランティアの説明)です。八幡宿に向かう古道も歩きました。興味のある方は時間をかけて歩かれたらと思います。コース設定の時間配分が不十分でした。参加された皆様ありがとうございました。


参加人員;249名(ちば歩130名、なりたWC78名、他協会17名、一般24名)



                                 Back


平成30年 第177回平日楽々ウオーク 野鳥観察ウオーク) 1月16日(木) 担当:丹羽 豊隆 12 Km
集 合 :  行徳駅前公園(東西線行徳駅徒歩10分) 10時00分
解 散 :  白妙公園(東西線妙典駅徒歩5分) 15時10分

行事日が、大寒(/20)の少し手前であったので、寒くならないかを懸念していたが、当日は穏やかな冬日でウオーキング日和となった。駅前公園を定刻に出発。新浜鴨場前の緑道に進み、野鳥友の会の皆さんの案内で狸が住んでいるという緑の国に進入。野鳥楽園に設置されている覗き窓から水面を見つめたが、鴨が4,5羽見えた程度で、狸にも出会えなかった。大人数が園内に入ったので恐れをなしたようで少し残念。案内の方と別れ、11:30に福栄スポーツ公園に到着。まだ3Km程度しか歩いていないが、早めの昼食とした。

楽々表彰式を終え、午後は行徳の寺町に向かう。行徳街道沿いの源心寺、香取神社を尋ね、13:40には、行徳船の船着場があった常夜燈公園に到着し常夜燈を見学。その後、家康が歩いた2m幅ほどの権現道、行徳一の名刹・徳願寺門前を通過し、古い町並みが見られる成田道を進行。江戸川堤防を500m程歩きゴールの妙典駅前に到着した(15:00)。参加された皆様のお陰で、無事ゴールできました。ご協力ありがとうございました。

参加人数:159名(ちば歩112名)



                                 Back


平成30年 1月例会報告 初詣ウオーク  1月6日(土)  担当:中村 建策 11km
集 合 :  新検見川公園(新検見川駅 徒歩3分) 9時00分
解 散 :  八千代台東第4公園(京成線八千代台駅 徒歩5分) 13時45分

2018年の初歩きは、快晴という絶好のウオーキング日和にめぐまれ、162名の参加者に集まっていただきました。「今年も元気に歩き、健康の維持を図りましょう」の挨拶のあと出発。検見川神社はまだかなりの人で賑わっており、次の子安神社は落ち着いた雰囲気で、各自それぞれの思いで参拝をしました。畑コミュニティセンターで休憩の後、神場公園、花見川サイクリングロードを通って古刹のたたずまいのある花島公園へ。初詣ウオークで花島観音を訪れたのは、久しぶりのことと思います。昼食は、昨年末の忘年ウオーク同じ花島公園センターですが、耐震工事中でご不便をおかけいたしました。  

忘年ウオークと同じ地域のウオーキングでしたので、できるだけ同じ道を通らないように、今まであまり歩かなかった道を探しました。14時前にゴールし、新しい年のつつがないウオーキングを記念して、新春の乾杯をしました。年の瀬に収めの乾杯をしなかったので、例年よりちょっとはずんだつもりでしたがいかがだったでしょうか。参加された皆さま、ありがとうございました。


参加人数:162名(ちば歩131名)



                                 Back


平成29年12月 第176回平日楽々ウオーク 師走の千葉市内を歩く 12月21日(木) 担当:小野 安英 13Km
集 合 : 稲毛なかよし公園(JR稲毛駅 徒歩7分) 9時00分
解 散 : 通町公園(JR千葉駅 徒歩9分) 15時30分

連日冷え込みの厳しい日が続いていましたが、当日は日差しがあり、ウォーキング日和でした。

今回のコースは、歩き尽くした千葉市街地の中で少しでも変化のあるルートをと思い設定しました。 そのため、歩道のない車道を歩く事が多くなり、無事のゴール、皆さんに感謝したいです。

ゴール近くの極細の道幅の蓮池通りは大正時代から昭和に掛けて県下一賑わった通りで、吾妻町中央1~4丁目に続いていたそうです。

国鉄千葉駅は今の東千葉駅にあり、京成千葉駅は中央公園の場所にあったので、その周辺や通りが千葉市の中心でした。今のイオンの前身は扇屋ジャスコですが、その扇屋デパートは「きぼ~る」の場所ありました。細い裏通りには、まだ千葉市の歴史が息づいているようです。お疲れ様でした。

コース:①稲毛 なかよし公園→②稲毛区役所→③千草台公民館→④みつわ台公園→⑤椿森公園→(東千葉駅)(蓮池通り)→⑥通町公園

参加人数:151名



                                 Back


平成29年12月 例会報告 忘年ウオーク 12月9日(土)  担当:伊藤 隆之 13km
集 合 : 八千代第3公園(京成本線八千代台駅徒歩3分) 11時00分 
解 散 : 幕張海浜公園(JR京葉線海浜幕張駅徒歩5分) 15時30分

恒例の忘年ウオーク。八千代台駅に、通常より遅い11時の集合でした。当日の夕方、忘年会を予定しているためです。 でも集合場所は晴れているのにビルの谷間で風がビュービューでした。早々にスタートして、八千代台の商店街を抜け、柏井市民の森に到着しました。森の中 を一部通過しただけでしたが初めて森の中へ入ったという方が数人おられ、良かったと思いました。その後、花島公園の山道を抜けて、12時半には花島公園の一角にある花島公園センターに到着しました。ここはすばらしい設備で、1F2F100人以上がイスにすわって昼食をとることが可能です。雨天に備えて予約してあったのですが、寒かったこともあり、大部分の人は屋内で昼食をとられました。でも当日は天候に恵まれたため、外の陽だまりで昼食の方もおられました。 午後は花見川大橋から花見川に沿って南下、いつもとは逆の方向で、このコースもありだなと思いました。定番のしらさぎ公園でトイレ休憩、そして浪花橋から右折して、ゴールの幕張海浜公園にほぼ予定通りに到着しました。その後は忘年会で盛り上がりました。ウオークに参加された皆さん、お疲れさまでした。



参加人数:124名(ちば歩97名)



                                 Back


平成29年11月 第175 平日楽々ウオーク 市川動植物園を歩く 11月30日(木)  担当:大岩 成徳 12Km
集 合 : 葛飾八幡宮 (JR総武線本八幡駅 10分) 9時30
解 散 : みかど公園 (JR武蔵野線市川大野駅 10 1330

一般参拝者の迷惑にならない事を条件に神社の了解を事前に得て、随神門前の広場で出発式を行いました。式を行った後、神門を通り八幡宮を参拝し拝殿隣の天然記念物の千本公孫樹の紅葉を堪能しました。住宅街を抜け真間川支流の大柏川を遡り、調整池緑地で休憩。市川市霊園の銀杏並木の葉は大半落ちて、裸の枝が風に揺れていました。 動植物園では貸し切り状態で、大半の参加者が入れて、ゆっくり昼食を取ることが出来ました。

大町自然公園の一部をショートカットし、私有地の一部が開放されているもみじ山に入り、グラデーションされたような紅葉を楽しみました。解散式後開けてもらった直売店で、柿や梨などの買い物も楽しむ事が出来たと思います。参加者の皆さんや役員の協力により、無事にゴール出来た事を感謝申し上げます。

参加人数:121



                                 Back


平成29年11月例会報告 第4回佐倉カルチャーウオーク 11月26日(土)  担当: 中村 建策 20Km/10Km 自由歩行
集 合 : 佐倉城址公園自由広場(JR佐倉駅・京成佐倉駅) 20Km:9時00 10Km1000
解 散 : 佐倉城址公園自由広場(JR佐倉駅・京成佐倉駅) 12時30分~1500

快晴という絶好のウオーキング日和に恵まれました。

20Kmコースでは、途中で倒木があり通行止めになっているとの情報があり、急遽コースが変更されました。10 20Kmのどちらも通る県立佐倉高校の地域交流施設にある長嶋茂雄氏の展示コーナーを訪れた参加者が多くみられ、また、旧堀田邸では見事な紅葉を楽しむことができました。 今回の大会形式での実施は今年が最後となり、来年からはCWAの単独事業として実施さます。ちば歩の例会ではなくなりますが、歴史があるイベントでいいコースですので、来年以降も多くの方の参加をお待ちしています。

参加人数:350名(ちば歩110名)



                                 Back


平成29年11例会報告 第24回 千葉市スポレク祭ウオーク 11月11日(土)  担当:小野 剛生 13km
集 合 : 新習志野公民館前広場  00
解 散 : 稲毛公園    1425

絶好のウオーキング日和となり、参加人数は117名(ちば歩95名、他協会名、一般13名)で、昨年比14名減(内ちば歩18名減)でした。前日の雨模様の予報が会員の参加意欲に影響したようです。定刻に中村会長の挨拶の後、千葉市レクレーション協会の川村会長から祝辞の挨拶があった。公民館をスタートしてすぐ隣の香澄公園内で歩測大会を実施した。先ず50mの距離で自分の一歩あたりの歩幅を測り、距離当て区間では班ごとに歩数を勘定して距離当てに挑戦してもらった。真砂中央公園で昼食、東京歯科大前から始まる銀杏並木の黄葉が 我々を温かく迎え入れてくれた。14号線沿いの浅間神社鳥居から境内に入り、1410分に到着した。

クールダウン後、歩測大会の表彰式に移った。124.0m距離に対し、桂和雄さま(一般参加)がピッタリの名人賞を、60cmで平山健治さまが達人賞、90cmの差で秋山和道さまと折笠義寛さま名が準名人賞、準達人賞を獲得されました。今回のスポレク祭が、事故もなく無事定刻に終えることが出来たのは、会員はじめ役員の皆様のご協力のお蔭であることに厚くお礼申し上げます。有り難うございました。

117名(ちば歩95名、他協会名、一般13名) 



                                 Back


平成29年10月 例会報告 小湊鐵道沿線を訪ねて:高滝湖ウオーク 10月8日(日)  担当:加藤 芳行  11km
集 合 : 小湊鐵道里見駅前  1120
解 散 : 小湊鐵道里見駅前  
16時10分

計画変更の連続でご迷惑をおかけしました。日続いた雨も止み、ウオーキング日和になった。
水上テラスで出発式を行った後、平坦道路で信号機が少ないため、班体制をとらずスタートした。高滝湖ダム記念館の小庭園いっぱいに広がり、ダムを見下ろしながら昼食をとった。座高が日本一高い木製坐像を見ることができました。福やかなお顔の地蔵菩薩さんでお参りしたウオーカーのみなさんには幸せが多くなることでしょう。ダム堰堤を歩いてたとき、前日に黒部ダムのTV放送があったが千葉のこのダムのほうがすがすがしく歩けたという声が聞こえていました。小学3年生の児童も参加していて共に
完歩し、会員減少に悩んでいるおり、未来の会員として期待できそうです。コス途中出会ったボランティアの若者たちも一生懸命サポートしていました。

ゴール近くで、転倒負傷された方が一人おられましたが、参加者全員が全員ゴールしました。皆様の協力で全員ゴールできたことがなによりでした。参加者、役員の皆様お疲れさまでした。

参加人員;127



                                 Back


平成29年10月例会報告 10月14日(土)  第4回 健康づくりウオーク 担当:日向 安昭  12km/8Km
集 合 : 新検見川公園 9時00分
解 散 : 
豊砂公園 ノーマル12km 11時35分
              ショー
ト  8Km 11


当日、雨模様の中でのウオークで、受付体制も通常通りには行きませんでした。千葉市の協賛のウオークでしたので、開会式では千葉市健康支援課の大野課長さんのご挨拶を頂きました。ショートコースでは幕張海浜公園に向かいましたが、予定していた歩測大会を中止にし右に幕張メッセ、左にZOZOマリンスタジアムを見て歩き、予定より早く着きました。

ノーマルコースでは昼食場所が海辺のため、若干のショートカットをし、ゴール後に食事にするように変更しました。14号沿いの緑道を歩き、真砂中央公園で休憩、若い人で賑わっていた幕張メッセの横を通り豊砂公園にゴールしました。天気の悪い中ご参加いただきありがとうございました。

参加人数:86名(ショート29名 12ノーマル57名) 千葉市民3名


                                 Back


平成29年10月例会報告 岸辺のアルバム 10月26日(木)  担当:小野安英  13km
集 合 : 新習志野駅 駅前広場  9時00分 
解 散 :
 高洲4公園 

       一時解散ビーチセンター前

 

久し振りの快晴 気温も20度を越え汗ばむほどでした。昨年も同じコースを歩きましたが、ものすごい風雨で途中で断念しました。今回も、前日は12月の陽気で冷え込み一日中雨でしたので、昨年の事を思い出し大変気になりました。

今回の歩行は、習志野市から千葉市に至る海岸線で、砂浜、草原、野球場、ヨットハーバー、そして最後に歩いた松林の中も全て埋立地です。 前日までの雨や台風の影響で、所々水たまりもあり、参加の皆様には歩きずらかったかと思いますが、 これもウォーキングの部でございましたので、ご理解をいただければ幸いです。残念だった事はあんなに天気が良かったのに富士山が見えなかったこと、うれしかった事は個人的になりますが、初めて参加頂いた男性から配布した「地図を取って置いて、是非今度孫と来たい!」と言って頂けた事です。私も細かく丁寧に保存版のつもりで作成したのでたいへん嬉しい限りです。皆様のご協力ありがとうございました。

参加人数:163名



                                 Back


平成28年 第173回 平日楽々ウオーク 四街道・花を訪ねて 9月28日(木)担当: 三枝勝雄 

大雨の影響で列車の運休や遅延が発生し、やむなく中止となりました。
参加を予定されていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

大勢の皆様にお問い合わせを頂きましたが、十分な対応ができず申し訳ございませんでした。

 里山の秋を満喫でき、彼岸花やコスモス、キンモクセイの花と香りを楽しめるウオーキングコースです。機会がありましたらリベンジしたいと考えております。   次回も、ちば歩こう会の行事にご参加をお願い致します。



                                 Back


平成29年 9月例会報告 回まつりシリーズ(大原はだか祭り) 9月23日(土)  担当: 伊藤 隆之 10km
集 合 :  JR長者町駅前 10時00分
解 散 :  大原海水浴場  12時40分

当日、電車の中では雨。でも、集合場所に着いた時には雨も止み、岬公民館前で出発式の後、海に向かってスタートしました。太平洋は風が強く、荒れ狂っていました。トイレ休憩後、遊歩道・砂浜を通ってお神輿の待つ玉前神社に到着。お参りして再度スタートしましたが、途中でお神輿に追い越されたのには驚きました。ゴールの大原海水浴場に到着、ここからがお祭りの本番です。大原漁港での祈願祭にはお神輿18基が集まり、勇壮そのものでした。でも、風が強いため、矢を射る行事が一部簡略化されたようです。その後、場所を汐ふみ会場に移して海の中へ。ここでも浪が荒く、波打ち際での汐ふみでした。多くの皆さんに全部見た、すごく良かったと言っていただけたのは良かったです。

参加人数:102名(ちば歩90名、他協会5名、一般7名)  歩行距離 10km





                                 Back


平成29年 9月特別例会報告 9月10日(日)  担当:中嶋 久登 15km/11km
集 合 : 最寄り駅:15km京成本線宗吾参道駅9時00分、11km京成本線酒々井駅10時20分 
解 散 : 成田線酒々井駅 15時00分 

歩行距離 7道祖神巡り:15Km5道祖神巡り:11Km

七道双体祖神巡りに参加された方71名は京成本線宗吾参道駅より順次受付を行い京成酒々井駅まで二道祖神巡りを自由歩行で行った。のんびり歩くのではなく皆さん早足で10時10分頃には全員京成酒々井に着いた。その後残りの五双体道祖神巡りと合流し4班体制で巡った。

秋晴の残暑厳しい、木陰が欲しくなる天候であった。木陰を見つけては給水タイムを数回設けた。

双体道祖神は中部・関東地方の長野県・山梨県・群馬県・静岡県・神奈川県に多く分布し、東北地方においても見られる。山間部において濃密に分布する一方で平野・海浜地域では希薄になり、地域的な流行も存在することが指摘される。酒々井の双体道祖神は、男女寄りそう姿の20~60cm位の比較的小さな丸彫り石像。後側の像の片手が前の像の肩にかけられ、その手を前の像の手が握っている。双方の方手は一本の杖を仲よく握り、後の神像の足は、一つしか見えないのが特徴。ほぼ酒々井町を一周する坂の多いウオークで皆さん難儀していました。熱中症と思われる足けいれんをされた方が一人おられました。幸い大事に至らず参加者全員ゴールしました。

稲刈も最盛期で時代でしょうかコンバインが忙しくしていました。

参加人数: 161名 (内7道祖神巡り71名)





                                 Back